猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2018年 04月 25日 ( 1 )


2018年 04月 25日

どうにもこうにも

e0030187_1248522.jpg













 セクシュアル・ハラスメントはパワー・ハラスメントの一部だ。
性的いやがらせを行なう男は、男と生まれただけで女より上位に
属すると無意識に思い込んでいる。無自覚だから、女性へのハラス
メントをしながら、それがなぜ許されない人権侵害行為であるのか
彼は理解しない、できない。頭が悪いのだろう。

 馬鹿につける薬はなく、馬鹿は死のうが生きようが治らない。
不毛だ。

 セクシュアル・ハラスメントをする男は、自分のプライド(笑止な
言葉だ)が傷ついたと感じると、自分より弱者であると勝手に決め
込んでいるところの女に向かって、往々にして彼女を傷つけるような
言動をとって、自らの傷を癒そうとする。他者を低い地位に下げれば、
自動的に自分の地位は上がる。この二者間に限ってのことであって、
範囲を拡大すれば、彼は相変わらず負け犬なのだが、一瞬、彼の
プライドは癒され、彼は自己欺瞞に成功する。が、長続きしない。
 幾度となく繰り返されるDVの構造も同じ。

 世の中にはびこるパワー・ハラスメントの一部であるセクシュアル・
ハラスメントの形成に、女も共犯的に関係しているのではないか。

 今はどうだか知らない。むかしの女たちの中には、妊娠が愛情の
継続につながると勘違いするヒトがいた。
 結婚して子どもが生まれて、それが男の子だったら、もう一家の
主婦として安泰だと信じる。老後も息子によって生活が保障され、
老いて身体が不自由になっても、息子が(精確には息子と結婚した
"嫁"と呼ばれる女が)世話をしてくれる。だから、男のヒトも男の子も
大事にしなければ、後々、損をする。
 という因果関係を彼女が意識したことはないだろうが、彼女は無意識
に男女差別に加担する。

 彼女が自分可愛さ故に、息子を甘やかし、ひよわなマザコン男に
育てたせいで、馬鹿なセクシュアル・ハラスメント男が再生産され
続けてきた面は、否めないのではないか。女が就ける職業が少な
すぎて、しかも女というだけで同じ仕事をしても男より給料は安い
経済システムなので、仕方なかった部分はあるが、ここで考えよう、
cui bono と。

 権力を持たない、ごくありふれた男と女との間に優劣的差異がある
ことにした方が都合がいいのは、誰なのか。
 男たちの中にも権力者とそれに従う男たちとを作り、女たちの間にも
カーストを発生させ、こんな分断状況を持続させる方が有利なのは、
誰なのか。

 セクシュアル・ハラスメントを無自覚に行なう男を問いつめ続けるのは、
権力闘争だ。死ぬまで闘い続けることになるのだろうが、承認できない
ものは承認できない。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2018-04-25 21:01 | 雑録 | Comments(0)