猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 26日 ( 1 )


2018年 09月 26日

井伏鱒二『珍品堂主人』読了

e0030187_1954035.jpg













 写真は、9月23日の三毛猫さん。

 初めて読む井伏鱒二。翻訳小説、それもミステリやSFを多く
読んで生きてきたので、近代日本文学系の作家は、初めて接する
作家がほとんどだけれど、これは困った。

 "ですます体"で、大人のおとぎ噺風に語られる。たまに入る、
"だ"や"た"や体言止めも効果的。軽快だが上滑りしない文体。
うまいのは分る。

 読んでるとき、とくに最初の方、骨董の蘊蓄や、業者間で、ひとつ
のモノがある時は本物、別の業者が見れば贋物と見なされ、それでも
それが骨董品として流通してゆく辺りは、このまま楽しく読めるかと
思ったが、主人公が料亭の支配人に雇われてからの権力闘争になると
飽きてきた。

 料亭経営騒動は、"小説"の結構、起承転結上、主人公を動かす上で
ほんとに必要なのか? 大したできごともなく、骨董品の行ったり
来たりだけ描いて、"小説"にする方が大変かもしれないが。

 何だかよく分らないという読後感で、この遠さの原因は何だろう?


     (井伏鱒二『珍品堂主人』 中公文庫 1977初 J)





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2018-09-26 20:58 | 読書ノート | Comments(2)