猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2018年 10月 21日 ( 1 )


2018年 10月 21日

ガリコ/亀山竜樹 訳『ハリスおばさん国会へ行く』読了

e0030187_21211427.jpg













 これで"ハリスおばさん"シリーズは全部読んだのだろうか?
『パリへ行く』は楽しく、『ニューヨーク』と『モスクワ』行きは
だめだったとブログには書いているようだが、なに、もはやどんな
話だったか、記憶がない。読んだときは、そう思ったというだけ。

 『国会へ行く』は、まあ面白いほうだろう。ロンドンの有能で働き者
の通い女中、ハリスおばさんが仕事先のひとつ、貴族の前で、いわゆる
床屋政談をやってのける。
 まじめに仕事をして、つましく生きているひとが、もう少し報われる
世の中であるべきじゃないか、と。
 政治家を送り出す地位にいる貴族は、彼女を当て馬に使えば、自分も
利益が得られると思いつき、彼女をそそのかして下院議員に立候補させる。

 ところが、票を割らせるためだけの当て馬が、思いがけず、当選してしまう。

 当選してしまったハリスおばさんは当初は喜んだが、いざ議会に行ってみると、
自分の望む世の中の実現に近づくための具体的な手段、方法を何ひとつ、持ち
合わせていないことに、やっと気がつく。
 幕府を倒して政権を握ったけれど、どうやって実際の政治を動かせばいいのか
知らなかったのに気がついた、幕末の志士連中と同じ状態である。
 志士ではない彼女は、自分が手に負えない事態に立ち至っていることを認め、
そこから脱出する方法を探し出し、最初で最後の演説をして議会を去る。

 この本によると、イギリスの下院議員は辞職することができないそうで、その
代わり、"王室百領地執事職を申請"するという、
<隊商でさえもとおれるくらいの大きなぬけ道>(p189)
がある。
< 「[略]国会議員は、議員としての地位のままで、王室にかかわりのある
職員をかねて、お手当をもらうわけにはいきません。[略]」>(p190)
__この辞職手段は、今もそうなのかしら?


     (ガリコ/亀山竜樹 訳『ハリスおばさん国会へ行く』
     講談社文庫 1981初 J)





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2018-10-21 21:00 | 読書ノート | Comments(0)