人気ブログランキング |

猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2019年 07月 12日 ( 1 )


2019年 07月 12日

(2)フェリスベルト・エルナンデス/浜田和範 訳『案内係』1/4

e0030187_2233690.jpg













~7月11日より続く

 写真は近所の猫さん。

 数独中毒がひどくて本を読む時間が足りない。少しずつ
読んでいる。いまのところ、『緑のハート』が好きだ。

 <波に削られハート型になった緑の石>が
<ピンに付けられて、馬の歯ほどのサイズの四角い枠に鉛で
 固定され>(p084)て、
タイピンに変わったのが、"緑のハート"である。

 主人公の語りでストーリーが展開するが、タイトルに代表される
ような小物雑貨が展開の鍵になる、ガジェット趣味満載の短篇だ。

 主人公は浮沈みの多い人生を過ごすコンサート・ピアニスト。語り
始める小説の現在時では、沈んでいる。
 真夏に冬の外套の月賦(翻訳では"ローン")を払いに行くような
状況であるが、それでも小説は、
< 今日ぼくはこの部屋で、幸せな時間を過ごした。>(p083)と、
始まる。

 寒さよけに新聞紙を用いるのを覚えて以来であろうか、テーブルも
新聞紙で覆われている。長い間、同じ新聞が敷いてある。
 <緑がかった色で見出しの大きな文字はオレンジ色、五つ子の写真が
 載っている>(p083)、その写真の五つ子の目を、"緑のハート"で刺し
ながら、子ども時代のことを思い出す。

 "緑のハート"を取り出すのが筆箱。思い出の中の小物たち。お菓子屋
さんで熱心に見つめていたので、アメ玉が欲しいのかと大人は誤解する
のだが、彼が欲しかったのはアメ玉の入った大きな瓶の、蓋。
 祖母の家で知り合ったフランス人の母と娘の、母親の方は、
<新聞紙で作った帽子をかぶっていて、顔全体とショールが白い小さな
 羽毛だらけだった。>(p088)

< その晩眠りにつく前、壁によろい戸から漏れる光で小さな階段が
 できているのを見た。>(p088)

 "緑のハート"は、祖母のブローチだったのをもらったのである。母から、
祖母におねだりしてはいけないと言われていたので、彼は、
< 「くれるなら、おねだりする。ダメなら、しない」>(p088)と、
言ってのける。

 やがて大人になり、"緑のハート"は質草になったこともあり、ニャンドゥ
に呑み込まれたこともある。
 ニャンドゥ? 註釈なぞついてないのでweb検索したら、ダチョウの一種
の絶滅危惧種だ。

<カフェに入ると、一羽のおとなしいニャンドゥがゆっくりした足どりで
 テーブルのあいだをさまよっていた。ぼくがぼんやりニャンドゥを眺め
 ながらあのネクタイピンを指で回していると、ニャンドゥが急にこちらに
 向かってきて、くちばしで緑のハートを奪って呑み込んだ。>(p091)

 そうとは書かれてないが、排泄されたので、彼は"緑のハート"を持ち
続け、最初のシーン、
<指が疲れるまでネクタイピンを手の中で転がし、ぼんやりと新聞の
 五つ子の目を刺すのだった。>(p084)
に戻る。


     (フェリスベルト・エルナンデス/浜田和範 訳『案内係』
     水声社 2019初 帯 J)

7月24日に続く~





#人間やめますか、自公維に投票し続けますか?

サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

by byogakudo | 2019-07-12 22:00 | 読書ノート | Comments(0)