猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 17日

新御徒町~小島2-1丁目~鳥越1丁目~浅草橋(2019/02/16)

e0030187_23125998.jpg













 昨日は恒例の東行き。ほとんど里帰りの心境だろうか?
出生地には40年くらい行ってないが、さみしいとは思わず、
東の東京は、なつかしくて通う。

 大村庵で昼食後、裏手、小島2丁目を歩き出す。
 小島2-10辺り、浅い袋小路の右奥に小さな鳥居と神社。
たぶん、小丸山稲荷神社。
 小島2-6の角、東を歩き出した最初のころに見つけた、トタン板
に覆われた2階建て。口を開けてるような蓋つき・脚つき水槽(?)
も健在。

 小島1-7辺り、フミモト口金製作所のある長屋の並び。きれいだ。

 鳥越1丁目に入る。店から若い男性が出てくる。看板には、doremifa。
一度入ったことのあるドイツもの雑貨屋さんだ。
 店内には、女性客ひとり? 店頭の本や小物を見ていたら、あっと
いう間に、2、3組、カップルの客が集まってきて入店。また、サクラ
体質を発揮してしまったのか? いや、人気店なのだろう。

 浅草橋5丁目、河村テープ商会と、その左隣のモダーニズム住宅の
並び方が、パリっぽい。
 浅草橋3-9角、2階建て看板建築。
 1月5日に見つけた、浅草橋3-11、"70年代のフランス映画"風・空地、
健在。でも、猫はいなかった。
 一度でも猫を見かけた場所を通ると、つい、いないかしらと目をやる。
この空地の近くで、雀がたくさん並んでいた民家の塀を見ても、ここ
だったと認識する。
 ヒト認識は弱いけれど、動物に関する記憶は強い。若いとき、さんざ
人事に関わると、年老いてヒト以外の動物にしか目が向かなくなるの
ではないかしら、ブリジット・バルドーの動物愛護ぶり、のようにヒト
嫌いになりやすい。








サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-02-17 20:49 | 雑録 | Comments(0)
2019年 02月 16日

アマンダ・リア、79歳...

e0030187_11195924.jpg













 死なずにずっと生き続けていれば、そりゃあ高齢にもなる。
で、Amanda Learは、いま79歳。当然そうなると分かって
いても、やっぱり多少、ショックだ。

 大好きな"Hollywood Flashback"のTVショー版がYouTube
から消されてしまい、近年のTV版は、相手役の男優(?)や
演出が前のより単調で寂しい。
 なにかないのか。

 と思って探してみたら、"Enigma"の野外ステージ版があった。
とても野外で演る曲ではないのに、夜光虫の大群のようにペンライト
を灯す大観衆を前に、バックダンサー付きで演っている。すてき。
 AMANDA LEAR - Enigma (Give a bit of hmm to me)
(Live @ Festivalbar 1978)


 久しぶりにヒルデガルト・クネフも聴いた。彼女も偉大じゃなくて、
いい。
 Hildegard Knef - Ferienzeit





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-02-16 21:25 | アート | Comments(0)
2019年 02月 15日

松山巖『都市という廃墟 二つの戦後と三島由紀夫』読了

e0030187_16422685.jpg













 パルコ出版の『乱歩と東京』は店に何冊か(!)あって、写真を
楽しんでいたし(本文は読んだのかしら?)、『うわさの遠近法』
も文庫版が棚にあったはずで、読んだ気になっていたが、ブログ内
検索しても出てこない。贋の記憶なのだろうか。

 1945(昭和20)年の敗戦、
1973(昭和48)年・第一次石油危機、
1986(昭和61)年に始まるバブル経済が1991(平成3)年に潰え、
いまに至る長い不況という理解は大雑把すぎる日本現代史だろうが、
敗戦の年に生まれた松山巖は、
1973(昭和48)年・28歳、
1986(昭和61)年・41歳(/1991=平成3年・46歳)と、戦後の時間
を生きてきて、
1988(昭和63)年、43歳のときに、この本を単行本で出した。

 敗戦後の日本の町や街(=都市)の変容を考える際に、三島由紀夫
の作品に描かれた時代や風俗と照合しながら考える。
 三島は1925(大正14)年に生まれ、1970(昭和45)年、自死。
松山巖より20年先行して生まれ、昭和史を生きた。

 原作は「新潮」に一年間、連載された。バブル経済の時期(1987
=昭和62年1月号~12月号)である。あのときに取材、思考、記述
されたせいだろうか、憂鬱さと焦慮に満ちている。
 戦後復興と言われるけれど、何を得て何を喪った戦後なのかを、
時代を象徴するような事件(自殺と殺人、強姦だ)があった町/街を
実際に歩き、三島由紀夫の小説と対比して引用、考察する。

 圧倒的なアメリカの影に覆われている実態を忘れようとして、日本は
狂躁的に空っぽの繁栄を目指した。"経済大国"でさえあれば、植民地で
あることを忘れていられる、と信じて。
 けれども、忘れたつもりでも、抑え込んだ空虚は退廃し、腐敗する。
敗戦から45年かけて国の経済はピークに達するが、空っぽさも同期して、
経済が落ち込もうと、腐敗だけは進行する(そして、いまに至る)。

< つくばセンタービルから岩槻のモーテルまで、そこに共通するような、
 すべてが断片化し、相対化された社会を私たちが実感するのは、確かに
 1968年を過ぎてからであろう。しかしそれはラディカリズムの時代を
 「乗り越えた」結果とはいえまい。そもそもあのラディカリズムその
 ものが今日の出発点ではなかったのか。すなわち、すべての価値が
 相対化し、自分自身を見失い始めたからこそ、学生たちは世界の変貌を
 叫んだのだ。
  そして彼らが予感した通り、到来したのはどこまでいっても絶対のない
 「鏡の廊下のやう」な世界であった。[略]
 ポストモダンの状況とは果てしなく謎を求める建築が生まれるような事態 
 ではなく、まったく謎も存在しえない断片の世界なのではないか。>
(p199『筑波ポストモダン』)

 中野坂上の交差点のビル群を初めて見たとき、できたての/生まれながら
のスラムに見えたことを思い出す。

 
     (松山巖『都市という廃墟 二つの戦後と三島由紀夫』
     ちくま文庫 1993初 J)





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-02-15 22:23 | 読書ノート | Comments(0)
2019年 02月 14日

マイクル・アヴァロン/川村哲郎 訳『エイプリル・ダンサー2/燃える女』読了

e0030187_21352378.jpg













 御蔵前書房の店頭に並ぶHPBの中から、大急ぎで選んだ一冊。
 むかし伊呂波文庫さんが実店舗を開いていらしたとき、めずら
しいんだってと教えてもらったのを覚えていた『エイプリル・
ダンサー』だ。珍しいからって面白いとは限らないが、もの好き
に買ってみて読んだら、意外と感じよく楽しく読める。60年代の
なつかしい、軽快スパイ・アクション。
 アンクル所属のスパイ、エイプリル・ ダンサーが相棒、マーク・
スレートとともに、ナチの復活を画策するトーチと闘います。

 そういえば、アダム・ダイメント『すてきな すてきな スパイ』
というのがあった。
 もう手元にないけれど、あんな風に乾いた悲哀感が底流に流れる
ことはなくて、もっぱら、よくできたエンタテインメントに徹する。
 エイプリル・ダンサーが危機に陥ると、大抵、服がぼろぼろにされ
るし、最後の危機など、ほぼ半裸で脱出するので、どうやって衣服を
調達して街に戻ったのか、と思う。

 『すてきな すてきな スパイ』の主人公の抱く悲しさは、ジョン・
ファウルズ『魔術師』
の主人公のそれと同質だといったら、文学と
エンタテインメントを一緒にするな、と叱られるかもしれないが、
ジャンルを横断できない読み方をしてどうする、と逆に言いたいな。

     (マイクル・アヴァロン/川村哲郎 訳『エイプリル・
     ダンサー2/燃える女』HPB 1967初 TV『0022/
     アンクルの女』写真J)





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-02-14 16:52 | 読書ノート | Comments(0)
2019年 02月 13日

(9)Anna Kavan "Julia and the Bazooka"報告/"11 Among the Lost Things"

e0030187_22294878.jpg













 "11 Among the Lost Things"は、辞書を引いて読む。小説の枠組み
部分がSF的設定なので、辞書に頼らないと、背景の状況がまるで分から
ない。

 "midwinter solstice"って、つまり冬至のことね、などと、近ごろは
ブックマークに英英辞典を入れたので、それを読みつつ、本文と行き来
する。英英で引いた方が、脳の中のかすかな英語頭・領域で往復できる
ので、ストレスが少なくてすむのではないかしら? 
 それにweb辞書の場合、あちこちに広告が入る。英和にはどれも日本
会議の息がかかっているみたいで、どのweb辞書でも、いやがらせの
ように明治百五十年がどうしたとか、ヘイトものらしい広告が目だつ。
 英英では、今のところ目に入らない__時間の問題かもしれないが
__ので、気が楽だ。

 人々が神の誕生を祝うころ、つまりクリスマスが近い冬至に、新しい
星が出現した。それは新しい神として人類を支配する。
 冬至、というのがシンボリックな意味を持つのだろうなあ...? 
 新星は生態系を破壊する。放射能が遺伝子パターンを変容させる。
新星の統べる世界では、太陽さえも昏くなり...、
<Its[注」新しい星の]magnificence dimmed the sun and put
out the planet's eyes.>(PP107-108)
__終りの方、"put out the planet's eyes"ってどういう意味だろう?

 こんな風に状況設定がきちんと読めないものだから、間に挟まれる
ヒロインの孤独や孤立の描写が、的確に読取れなくなる。宇宙規模の
設定(マクロコスモス)と、絶望的に孤独なヒロイン(ミクロコスモス)の
コントラストがくっきりしてるんだろうなあ、とは思うけれど。
 細部がきちんと読めないのが致命的で、でも、闇に侵食され、ヒトの
形態をさえ喪って存在するヒロインの最後のモノローグは、心に響く。
こんなに読解力がなくっても。

< The human being I once was I am now no longer. I don't know
what I'm supposed to be any more. Things keep changing here,
getting lost in the dark. It's very disturbing.
 Whatever I am, I'm among the lost things__I do know that.>
(p113)

 これも、きちんと再読すべき一篇(全篇、そうした方がいいけれど、
次は"Asylum Piece"、どうだろう? 読めそうな感じはするが)。


     (Anna Kavan "Julia and the Bazooka"
     PETER OWEN MODERN CLASSICS 2009)





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-02-13 21:15 | 読書ノート | Comments(0)
2019年 02月 12日

大村彦次郎「文壇うたかた物語』読了

e0030187_20581636.jpg













 「東京新聞」日曜版に、エッセイスト・飛鳥圭介の『おじさん
図鑑』という連載がある。2019年2月10日付けは『ナイショ?』
とタイトルされている。こんな話だ__

 ある評論家が、
<「飯田蛇笏(いいだ だこつ)の息、龍太が…」と書いたら
 編集者から電話で[略]
  「俳人の飯田蛇笏は分かりますが、蛇笏の”イキ”って
 何でしょう? さらに、”龍太が…”というと、イキと龍太が
 つながらず文章がおかしい」>と、言われたらしい。
  別の作家からは、
< 「”内緒が火の車”っていうのが、今の若い人たちに通じ
 なかった」[略]
 「内緒」は「内情」とか「内実」の書き間違いではないか、
 と指摘が相次いだそうだ。>

 これは実話なのかしら? 書くことに関わる仕事の編集者が、
こういう日本語力なのかしら? 都市伝説の類ではないかと思えて
くるが、講談社で「小説現代」や「群像」の編集長であった大村
彦次郎「文壇うたかた物語』には、まだ日本語に古風な言い回し
も新語も同じように取り込まれ、流通していた時代の、ひとと
できごとが記される。
 戦後の用紙不足のころから始まる、小説雑誌の出版史であり、
石油ショックで雑誌の減頁の噂が聞こえるころ、までで終わる。

 2000年ころだったか、編集者の友人が、日本の出版業界全体の
年間・売上高は、中堅ゼネコン一社(!)の一年分くらいよ、と
話してくれた。たしか、そんな額だったと思う。
 1960~70年代は、それよりは出版業が元気だっただろう。出版
行為は"ジャーナリズム"として成熟しつつあり、高度経済成長下
では、作家は映画スターやTVタレントほどではないが、華やいで
見えるイメージの職業(銀座のバーでお酒を飲んでるのが作家と
いうイメージが、ばらまかれる)として在ったのを思い出させる。
 一冊で、小説形式でさまざまな情報が得られ、あれこれできごとが
起きる物語小説が読める、中間小説雑誌と、その書き手たちの実録
である。

< 中間小説の語源は、戦後まもなく、小説家の林房雄が、
  「日本の小説を発展させる道は、純文学と大衆文学の中央にある」
 と発言して、それを久米正雄が、
  「きみのいうのは、要するに中間小説さ」>
(p17『第一章/「日本小説」の創刊』)

__というやりとりから始まったらしく、また、純文学の大衆化も意図
されていたようだが、わたしの好きな日本語作家たち、久生十蘭や
渡辺温や森茉莉は、どんなジャンルに入るのだろう?

<一般的には、純文学作家がさし絵入りの小説を書くと、これを
 中間小説とみなした。>((p17『第一章/「日本小説」の創刊』)

< この頃[注:1960年ころ?]、中間小説は一般には、風俗小説の
 同義語ともみなされていた。といって、中間小説イコール風俗小説と、
 簡単に割りきることのできないところもあった。初期の中間小説は、
 文壇や読者から、小説の幅をひろげ、その質を改善するものと、期待
 されている一面もあった。退屈な身辺小説に飽きていた読者には、
 小説本来の奔放なロマンや物語性のつよい作品がもとめられていた。>
(p65『第二章/風俗小説の隆盛』)

__そうなのですか。どんな文体で書かれるかは、どこで問題に
されるのだろう? 
 日本での純文学というと、(偏見だけれど)、苦悩の人生が描かれて
なければ"純文学"ではなさそうだし、純文学というからには、対極に
不純文学も存在していそうだが、それが、かつての大衆小説、戦後
の中間小説なのだろうか?
 日本の男の大方の職業が(農業を含む)ブルーカラーから、戦後は
ホワイトカラーに替ったので、大衆小説の戦後版読者層を意識した
ネーミングが、"中間小説"なのではないかという気がしてくる。

< 吉行淳之介さんがかつて中間小説について、言いえて妙な定義を 
 くだした。__中間小説とは、その原稿料が、新聞小説と文芸雑誌の
 小説との中間のものである。
  昔から原稿料が高いのは、新聞や週刊誌であって、月刊の小説雑誌
 に月一本ずつ原稿を売っている程度では、作家の生活は安定しない
 のである。なぜ新聞や週刊誌のほうが原稿料が高いのか、といえば、
 ひとくちにいって、そちらのほうが発行部数がおおいからである。
 だから[略]__中間小説誌とは、その雑誌の発行部数が、新聞、週刊誌
 と文芸雑誌の中間のものである。>
(p195『第六章/「小説現代」の躍進』)

__そして、大村彦次郎がその当時考えた、中間小説雑誌の適正部数は、
14~15万部だという。

<そのくらいの部数だと、読者ひとりひとりの顔が見分けられるような
 気がする。それ以下だと、媒体としても影響力が薄れるし、広告も
 思うように入らない。しかし、それ以上だとすると、部数に引きずら
 れて、雑誌の性格があいまいになってしまう。>
(p195『第六章/「小説現代」の躍進』)

__付箋を入れ忘れたが、大村彦次郎・編集長は、列車に乗って出張
する際も、座席で読まれている中間小説雑誌に目を配る。
 そのこと自体よりも、薄いとはいえない中間小説雑誌を携えて車中の
消閑に備える時代があったことを、今では驚くのではないかしら。

 作家たちも時代を生きる。戦後復興、高度経済成長期が、ぎらぎらと
欲望を見せつける時代であったように、作家同士のライヴァル意識、
成功への生々しい欲望、脂ぎっていた時代の群像が描かれる。
 近代は、ほんとに暑苦しかったのだ。


     (大村彦次郎『文壇うたかた物語』 ちくま文庫 2007初 帯 J)


 今日は南阿佐ヶ谷から高円寺へかけて歩き、アニマル洋子で、
松山巖『都市という廃墟 二つの戦後と三島由紀夫』(ちくま文庫)、
エリック・アンブラー/北村太郎 訳『あるスパイの墓碑銘』(HPB)。





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-02-12 21:22 | 読書ノート | Comments(0)
2019年 02月 11日

正岡容『東京恋慕帖』読了

e0030187_2115953.jpg













 最初に出てくる『大正東京錦絵』は、当時の風俗を描く
川柳の紹介だ。川柳はともかく、それを紹介する正岡容の
文体が、どうもリズム感がちがうのか、なじめない。詠嘆
するにしても、賞賛するにしても、間延びした文体で行な
われている感じが強くて、共感を阻む。まあ、合わない、
ということだけれど。

 『異版 浅草燈籠』の『十二階懐古』は、吉井勇の歌から始まる。
< これやこのピサの斜塔にあらねども凌雲閣はなつかしきかな>
(p157)
__(例によって数篇しか読んでいないが)吉井勇は、とても好き。
詩歌が苦手な散文読みでも、吉井勇なら読めると思う。

 この篇の中で、十二階下の演芸場で見た小芝居のことが語られる。
歌舞伎以外の幕間余興もいろいろ記されていて、梅坊主という一座
は滑稽な踊りを見せたそうだが、

<舞踊と舞踊との間には、常に即妙の滑稽を混へてよく見物の頤
 (おとがい)を解いた。桃太郎[注:一座の役者のひとり]の滑稽の
 中には、刀の鞘で誰彼の坊主頭を激しく打叩くギヤグがあって
 当時私の傍らに見物してゐた上方訛りのお客は、[略]
 激しく脳天を殴打する蛮風は江戸独自のものであらうと非難して
 ゐたが、いづくんぞ知らん、爾来廿年、関西各地に於て隆昌を
 来した高級万歳と称するものの中には常に妙齢の女が鉄扇、長靴、
 竹筒などを用ゐて相手の男の脳天を乱打、下層人の爆笑を買うやうな
 いとあさましい演芸さへ出現して来た。>(p164)

__"ギャグ"という言葉が、
<(昭和十七年春稿、昭和廿三夏改稿)>(p165)、戦中の1942年
あるいは戦後すぐの1948年にすでに使用されていたのに驚く。

 "ギャグ"は、もう一度出てくる。最後に収められた『寄席風流』の
『阿呆陀羅経』の個所だ。

<先代木村重松の世話に砕けた道中附のセメの中では必ずや一カ所
 ギヤグを弄するのところがあつたが、それは阿呆陀羅経の切り節
 直前の手法を踏襲してゐるのである。>(p241)

__これには初稿がいつだか書かれていないが、『寄席恋慕帖』は
1948年刊行だから、遅くともそのころには"ギャグ"と言っても、
何の説明も要らなかったのだろうか?

 しかし、"セメ"って何だろう? また、『阿呆陀羅経』の前の
『大津絵雑感』を読んでも、やはり長年の疑問のひとつ、大津絵節
がどんなものなのか、イメージしにくい。
 それとも、近ごろの言い方を借りれば、"和"な歌舞音曲に非常に
疎い手合いが正岡容を読むのが、そもそも間違いなのかしら。


     (正岡容『東京恋慕帖』 ちくま学芸文庫 2004初 帯 J)


 わざと"和"と書いてみたが、近ごろTVなどで耳にする"和"は、
"にほん風"や、"にほん的"という意味合いだけではなく、むしろ
ある種のブランド価値がある"にほん風"や、"にほん的"を示して
いるように感じられる。"和"という、決してお安くはない、プチ
ブルが信仰するに値するブランド価値...。
 "和"なんざ、くたばっちまえ、と、くたばりぞこないの我身を
省みず、悪態をつきたくなるな。





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-02-11 15:22 | 読書ノート | Comments(2)
2019年 02月 10日

上野御徒町~東上野~誓教寺~蔵前

e0030187_20554311.jpg












e0030187_2056074.jpg













 ともかく晴れにはちがいない。風が冷たいけれど。
 三連休のすきまの、晴れた日曜日。新御徒町の大村庵は
お休みだから、お昼をどうしよう? 
 上野御徒町なら店が多いよ、とSが提案。なんとか安直・
昼食をとって、ひとけのない方向へ歩き出す。東上野2丁目
である。

 永寿総合病院の向かいに2階建て看板建築。4軒に分かれて
いる。
 陽が射していても寒い。ひとけのない町を幸福な思いで
歩いていると、いつしか知った界隈になる。手の内という
より、足の内か。
 下谷神社。coffeeヤマと小山生菓子店の前の道が工事中。
えっ、小山生菓子店は閉店?

 できるだけ裏手の道を蔵前の方向に進む。途中、誓教寺の
欅が見えたので、脇の扉からちょっとお邪魔する。石仏には
白い小菊が供えられ、墓地に続く道の端、金魚(?)のお墓
にも、黄色い長靴型の容器に花が入っている。

 蔵前が近づくと、ひとが多くなる。若いひとたちが目につく。
元犬の神社にも若いカップル。まあ、今日は休日だからでも
あろうが、蔵前はファッショナブルな界隈になりつつあるのか?
 いよいよ行き場が狭まるような...。

 珈琲シャレードは、さすがに日曜日はお休みだ。道の反対側の
マクドナルヅで休む。若いひとで、ほぼ満員。目の前は文房具の
祥文堂だ。

 陽が残っているうちに戻る。行きの上野御徒町で、いちばん東上野
に近い出口、A8だったかを選んだら、長く急な階段が続くルートで、
あれで体力を使ってしまった。





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-02-10 20:40 | 雑録 | Comments(0)
2019年 02月 09日

ハナ・キャンベル/常盤新平 編『アメリカン ブランド物語』読了

e0030187_14474765.jpg













 ある時代までのアメリカの日常生活で身近なもの、数々の商品
の由来や会社の歴史を記した、トリヴィアルといえばトリヴィアル
な豆知識集である。

 たとえば食品ジャンルで、ゼネラル・フーヅ社のコーヒー、"ユー
バン"__

 19世紀末、ブルックリンのコーヒー商、アーバックル・ブラザーズ
社の
<スペシャル・ブレンド用の豆の袋にはABNYと書きこまれた(アー
 バックル・ブラザーズ、ニューヨークという意味である)。商標名
 を決めるときに、この袋に書かれた文字から言葉を作ろうとした。
 Bany(ベイニー)とかNaby(ネイビー)という組合わせはぱっとしない
 のでぼつにされた。ybanはちょっと奇妙だったが、uという文字を
 補ってはどうかと言いだした人があって[略]
 美しい、まろやかなyuban(ユーバン)という音が生まれたのである。>
(p20『1 食品』)

 ある時代までのアメリカ、と限定したのは、『3 煙草』という項目が
あるからだ。隔世の感がある、とはこういうときに使う言葉なのだろう。
 煙草がヨーロッパ(やアメリカ大陸)に伝わったころは貴重で高価な
嗜好品だったが、だんだん大衆化され、価値としては日常的なものに
下がり、そして今は、煙草を吸うのは社会的に低い階層に属することを
示す記号と見なされ、ついには公共の敵視されるに至る。やれやれ。

 常盤新平さん好みの、小さなもの/ことのアンソロジーだが、原作の
文体の問題なのか、数人で翻訳を分担したからなのか(常盤氏は編集
のみ)、読んでいて、ときどき引っかかった。なにかモタる感じ。


     (ハナ・キャンベル/常盤新平 編『アメリカン ブランド物語』
     旺文社文庫 1985初 J)





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-02-09 20:23 | 読書ノート | Comments(0)
2019年 02月 08日

税務署と古本

e0030187_21391455.jpg













 今日の写真は、1月17日に西荻南で逢った猫さん。わたしたち
のせいで、ひなたぼっこを邪魔された。その節はごめんなさい。

 寒い午後、ひとりで南阿佐ヶ谷へ行く。
 今年から税務署は、確定申告用紙を送りません、という通知はがき
が来た。電子納税の方法をwebで調べてみると、最後の送信の辺りと、
申告用紙を自分で印刷、という辺りが、どうも不分明。
 マイナンバーカードにはICカードリーダライタも必要。マイナンバー
を持ってなければ、ID+パスワード方式で、とある。
 (余談だが、もし日本在住の外国人が区役所や税務署の窓口に来て
尋ねたら、応対する職員は、
 「ユア・マイナンバー、プリーズ?」って聞くのだろうか?)

 手書きに慣れている(でも、毎回、何やかやと尋ねてるみたい)ので、
用紙を取りに行った。まだ申告受付期間前なのに、税務署にはひとが
多い。

 確定申告用紙が何種類も並んでいるが、わたしが必要なのは、申告書
A、いや、B、どっちだっけ? 
 青色申告用が、いつも使っているのと違う...と思ったら、その下の段に
置いてある。しかも提出用と控え用とが別々の段。両者を挟み込んで、
ひと箱にした方が良くありません?
 置いた側は分っていても、インデックスとして変な置き方だ。ひと箱に
1アイテム、で置いていけば横に伸びる用紙箱が、項目毎に十分置けそう
なのに、いちばん左の申告書AとBで、4箱分くらい使っているのが解せない。
 用紙箱のところにも、スタッフがひとり必要だろうが、受付期間前なので
スタッフがいない。

 ID+パスワード方式について質問したかったので 番号札を取る。
 つい、ここでID(利用者識別番号)が取れるので、取って行ったら?
という誘いに乗ったのが、やはりまずかったと思う。
 スタッフ不足なので、教えてくれる女性は一行書き込んでは、受付
窓口に戻って、他の納税者の相談を受け、またこちらへ、を繰り返す。

 まあ、世の中にパソコンは普及しているが、Mac以外のパソコンを
いじったことがないひとがやってくるとは、税務署はあまり想像して
いなかったのだろう。
 こちらも、Windowsのマウスの操作性の悪さに驚き、漢字に変換する
ときはF7、といわれて、キーボードのFと7を押して、上の段にあるF7だ
といわれ、MacのディリートはWindowsではバックスペースというのを
初めて知り...、お互いの不幸を培養し合ったような感がある。

 しかし、いまの日本国は、税金を払うに値するのか、という根本的疑問。

 次は区役所。こちらはとてもスムーズ。

 さて、JR阿佐ヶ谷駅ビルでタリーズのコーヒー豆を買おうとすると、
いつもの入口が閉ざされている。改札口方向に進むが、入れない。
 逆方向、荻窪方向の食品関係の入口から、やっと入館。駅ビル1階
の改装で、秋までこの入口を使うらしい。
 いつもの豆を買い、電車で中野へ。

 Sに電話して、中野で夕飯の買物と古本屋に寄って行くことを伝える。
税務署に行った後は、無性に本屋に行きたくなる。頭を上書きしたく
なるのでしょう。
 久しぶりに古本案内処へ。以前と本の置き方が変っていた。
 大村彦次郎『文壇うたかた物語』(ちくま文庫)。そうだ、昨日は、
クラリスブックスの通信販売で、ドゥルーズ/ベケット『消尽したもの』
(白水社)が届いた。

 溜め込んだ本を読んでから死にたいが、そのためには長く生きなきゃ
ならなそうで。
 死ぬというのは、終わる、ということなのか。何が?
 




サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-02-08 22:09 | 雑録 | Comments(0)