猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2017年 11月 30日

(6)宇野浩二『芥川龍之介 (下)』読了

e0030187_19335832.jpg













~11月27日より続く

 下巻はほとんど、作品を論ずることに費やされる。助かった。
上巻みたいに、芥川の愛人が誰だったか、ああでもない、こう
でもないばかり読んでいると、誰だったとしてもいいじゃないか、
作品が残ってるんだからさあと、本を投げ出しそうになる。

 迂回しながら接近する話法、いや、思考法だろう、宇野浩二の
場合は。ともかく、そういう書き方なので、話が遅々として進む
(それでも進むのだ)。
 芥川の作品の評価についても、停滞、迂回することで、理解を
深めたり、解釈が変ったりもする。
 宇野浩二の思考の流れに、ライヴに付合ってゆくような面白さは
ある書き方だ。迂回ぶりに、ときどき、どっと疲れを感じもするが。

 何よりも、芥川龍之介・作品を、ちゃんと読もうという気にさせる
のが、よかった。

 しかし、一冊の感想としては、"「お前って奴は...」"ジャンルだ。
 いまは、ホモ・ソーシャルという言葉で語られ、わたしにはやっぱり、
男のホモ・セクシュアル性としか思えない男同士の関係。

 日本の近代の男たちに見られる、互いに相手の裡に、成りたかった
自らの像を認め合い、最後に、「お前って奴は...」("..."に、無言で
無量の他者愛と自己愛を示す)と、相手の肩に腕を伸ばすような関係性
のことである(もちろん、象徴的な話である)。
 憧れの発露でもあるけれど、自己愛の涙の中に埋もれたい欲望にも
見える。
 
 宇野浩二は、芥川の繊細なレトリックに気取りや気張りを感じるよう
だが、外からは技巧を凝らすと見えない、質素な書き方にも気取りが
あるとは、思わないのだろうか。
 ラフにタフに質朴に語ることもまた、引き算の美学としての気取り方、
気張り方になるということを、考えないのだろうか。なんだかナイーヴと、
失礼なことを思う。


      (宇野浩二『芥川龍之介 (下)』 中公文庫 1975初 J)


(1)宇野浩二『芥川龍之介 (上)』
(2)宇野浩二『芥川龍之介 (上)』
(3)宇野浩二『芥川龍之介 (上)』
(4)宇野浩二『芥川龍之介 (上)』
(5)宇野浩二『芥川龍之介 (下)』
(6)宇野浩二『芥川龍之介 (下)』





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-11-30 21:16 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 11月 29日

岩本町~小伝馬町~大伝馬町~日本橋本町~堀留町~小伝馬町

e0030187_1929874.jpg













 明日からまた寒くなりそうだし、地下鉄・新宿線で小伝馬町へ。
日本橋の方向へ歩こうと思う。
 しかし、地下鉄の改札口を出たところにある地図で、適切な出口
を見つけて地上に出て、目の先の案内板を見ると、方角が分から
なくなるのは、なぜだろう。

 なんとなく、こちらと思える方へ歩く。江戸伝馬町処刑場跡の碑が
あった。
 大伝馬町と日本橋本町の間をうろうろ。本町3丁目7番、角の家が
よかった(無住)。モルタルの看板建築で、2階との境目を示す銅板
の軒飾りが脇に残っている。玄関のある面にも軒飾りの痕だけ残る。

 気温が上がっているのか、少し離れたビルが霞んで見える。わたしの
目はよくないけれど、そのせいではない。

 歩いていると、見覚えのある建物が出てくる。この辺りも何度か歩いて
きたから当然だ。
 江戸の町のサイズが分かるから、できるだけ昔の地名、町名を残した
方がいい。風景が重層的に見られる。

 堀留町から、また小伝馬町へ。人形町まで行くと、歩き過ぎだろう。
 日比谷線・小伝馬町から戻る。丸ノ内線を出たら、昼前に部屋を出た
ときより、明らかに温度が上がっていた。





 北朝鮮はミサイルを射ってくれるし、お相撲スキャンダルはまだ続きそう
だし、安倍晋三は、ほくほくしてることだろう。怒りの矛先がアジア系外国人
に向かうので、好都合としか思っていまい。
 国会が開いている間は、籠池夫妻の拘留を続けて、逃げ切れると信じている
のだろう。
 安倍晋三と安倍昭恵とは別々の個体なのに、夫は妻を代理するのかしら。
それって、妻の人格を認めてないことになるが、人前に出すとロクなことに
ならないから押し込めておくのか。
 それにしては、国会以外の場所での彼女は、ちゃらちゃらと元気に出歩いて
いるように見えるが、国会だけは、断固、駄目なのか。あと、裁判所も偽証罪
があるからマズいのだろう。
 チャウシェスク夫妻は、ああいう最後を迎えたが、民主主義国家・日本では
そんなことは決して起こらない。

呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-11-29 20:47 | 雑録 | Comments(0)
2017年 11月 28日

今日は西荻窪、11月25日(土)は善福寺公園

e0030187_20311119.jpg













 西荻づいている訳ではなく、たまたまだけれど、先週末、
11月25日(土)は義母と三人で西荻窪の奥、善福寺公園の
大きい方の池を一周。足弱な彼女のためには小さい池の方が
よいが、生憎、工事中で入れない。大丈夫かしら、と思ったが、
池を廻るあちこちにベンチがある。3、4回、腰を下ろしたので
無事だった。
 昨日のブログ写真が、そのときのもの。

 昨日も今日もすっきりしない天気だが、今日は地下鉄で荻窪へ。
南口から環八を越え、住宅地を通って西荻窪に向かうコース。

 善福寺公園にもいなかったが、善福寺川にはシラサギが少ない。
カモは多い。一年中いるみたいだけれど。
 セキレイが鮮やかに飛び立ち、平然と道路を歩く。完全に町鳥だ。

 南荻窪3丁目辺り、何と呼べばいいのか、チューダー様式を和風
に展開したような感じのお家が2、3軒。
 うち、全き洋館のお家には、旧神明町の地番プレートと、"杉並
「まち」デザイン賞"プレートが付いていた。

 古い建物に住み続ける人々、建物を維持し続ける人々は、せめて
税金の上で優遇さるべきだろうに、現実は逆だ。
 アルミサッシに新建材の家に建て替えたら、新築ということで税制上、
特典があるのに、古くてうつくしい建物を持ち続けても優遇されない。
 地面にしか価値を認めない日本国では、建物の美的価値は無視され、
相続税をかけて、建物を殺そうとする。富の再分配というなら、他の
方法を考え出せないのか。

 西荻南3丁目に立ち入り禁止の廃屋があった。今日の写真だ。文化
住宅の洋館部分だけが取り残されて、ぽつんと在る。

 ひと休みしてから盛林堂へ。今日も均一台に人影多数。ヤン・
トーロップ展図録も均一!
 店内で、『色川武大・阿佐田哲也エッセイズ3 交遊』(ちくま文庫)
と獅子文六『ちんちん電車』(河出文庫)。

 



呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-11-28 21:39 | 雑録 | Comments(0)
2017年 11月 27日

(5)宇野浩二『芥川龍之介 (下)』を読み出す

e0030187_1995229.jpg












~11月26日より続く

 やっと下巻に入るが、なかなか入れない。やっとp70
まで来た。

< 結局、私は、『歯車』などをも含めて、芥川の小説は、
 一般に評判のよい、晩年の心境物(と身辺を書いた物)
 より、初期(と中期)の芥川らしい小説の方を買うので
 ある。もとより、私も晩年の心境物(と身辺を書いた物)
 は大へん好(す)きであるが、芸術の上から見て、芥川の
 芸術として、私は、断然、芥川の初期(と中期)の芥川
 らしい小説を取るのである。そうして、私は、この方が
 正(ただ)しい、と信じているのである。>(p70)

 あれだけ、ぶちぶち言ってても、それ(好みの違い)とこれ
(芸術的観点)とは別です、ということか。


     (宇野浩二『芥川龍之介 (下)』 中公文庫 1975初 J)

11月30日に続く~



 TVニュースで、ルクセンブルク大公・歓迎式典の様子を見た。
まず、長めの"キミガヨ"吹奏シーン、次いでルクセンブルク国歌
であろう、どんな曲だか短すぎて見当のつかないカット。
 歓迎する側の国歌吹奏を短く、訪問者の側の国歌吹奏は長く、
というのが礼儀正しく、政治的に正しい編集態度、TV放映上の
時間配分ではないか。
 日本放送協会は、どうにも"キミガヨ"を視聴者に刷り込みたい
らしい。籾井勝人が止めても、安倍晋三・独裁政権に忠誠を誓い
たいのか。そう読み取れる、編集である。

 国会が開かれているのに、お相撲スキャンダルの方が高視聴率
なのね。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-11-27 21:02 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 11月 26日

(4)宇野浩二『芥川龍之介 (上)』、ようやく読了

e0030187_21404345.jpg













~11月24日より続く

 上巻の終りの方で、小説家・芥川龍之介に於ける剽窃と、
和歌の本歌取りの話が続く。

 宇野浩二は、文学は文学から作られるという思想(?)では
ないので、小説の手法が目立つと、それは"ケレン"だという。
たんに技巧的なのが好きじゃない、と言ってるだけに聞こえる
のだが。

 夏目漱石『道草』とドストイェフスキー『永遠の良人』を引合い
に出して、

<小説のはじめの方にエタイの知れない人物を登場さして
 おいて、作者がなかなかその人物の正体をあかさない事に
 すると、そこに妙味が出てくるのである。
 [略]
 『永遠の良人』にはまったく「ケレン」の「ケ」も感じられない
 けれど、『道草』にはいささかケレンくさいところもある。
 [略]
 極言すると、漱石は最高級の上品なケレン師だという事にもなる。
 (そうして、形も味もまったく違うけれど、芥川の好評を博した
 作品にも、やはりケレンのようなものがあった。そうして、
 [略]
 そういうケレンのようなもののある作品を書かなくなってから、
 ((あるいは、書けなくなってから、))芥川の作風が少(すこ)し
 ずつ変ってきて、『話』らしい話のない小説を主張し出してから
 間(ま)もなく、芥川は、みずから死をえらんだ__これらの事
 については後に述べるつもりである。)>(p270-271)

 この前に、たっぷり、本歌取りの話をしている。しかし、本歌取り
と言われて、わたしが思い出したのは、実朝でも何でもなくて、
(実朝、そんなにいいかなあ? 「おほ海の磯もとどろによる波の 
われてくだけてさけて散るかも」が、近代の男にはグッと来る調子を
持つ、とは思うが)その前の章、金竜館の楽屋を訪ねたときの話だ。

 宇野浩二は芥川だけを連れて行ったのではなく、小林せい子
も一緒だった。
__
<その時分の谷崎潤一郎の夫人(今の佐藤春夫の夫人)の妹
 である。そうして、佐藤春夫が『蒲団きてあるく姿やせい子嬢』
 とうたったように、せい子は、はでな服装をし、はでな行動を
 する事がすきであるらしかった。>(p150)

__つまり、後の女優・葉山三千子の様子をうたった『蒲団きて
あるく姿やせい子嬢』の元句、『蒲団着て寝たる姿や嵐山』を
思い出したのである。

 先だって眺めたTV番組で、日本のお蒲団に柄物が多いのは、蒲団
の前身が(絵柄のある)夜着だったから、という説明があった。
 なるほどと思ったが、それでようやく、"蒲団きてあるく姿"が派手
な様子であると理解して、元句を思い出すと同時に、戸板康二が
書いた東山千栄子のエピソードにも、この句が使われていた筈だと、
半日がかりで『最後のちょっといい話 人物柱ごよみ』(文春文庫)に
目を通した。

 どのページにあったかまでは覚えていないないので、頭から見て
行くしかない。そのうち時々、本文を読んじゃう。

< 私は昭和38年に、東山千栄子をはじめ、二人の男優、六人の
 女優とソ連から東欧へという旅をした。モスクワのホテルで、風邪
 気味だという東山を、その客室に見舞に行った。全快してから、
 先日部屋に伺った時俳句ができましたというと、「まア何でござい
 ましょう」と聞かれたので、「蒲団着て寝たる姿や東山」といったら、
 叱られた。>(p459)

 編集に手間がかかるけれど、巻末に、せめて人名や地名の索引が
あればなあ。半日かけなくてすんだのに。

 
     (宇野浩二『芥川龍之介 (上)』 中公文庫 1975初 J)

11月27日に続く~





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-11-26 22:16 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 11月 25日

旧下谷小学校~ROUTE BOOKS(2017/11/24)

e0030187_2324462.jpg













 昨日は15日の散歩の改訂版(?)で、旧下谷小学校の
外側を一周した。
 
 地下鉄・新御徒町を下車、お昼を食べて表に出たら、
なんてこと。空が不穏に曇っている。部屋を出たときは、
あんなに青空だったのに。

 ときどき雨粒が顔に当たる。東上野三丁目(宮元町)や、
前に歩いた土地を歩く。東上野界隈は、いつ来ても静かで
うつくしい。

 旧下谷小学校を整備しないで、たんに災害時の集合場所、
補給物資の保管所にしか使わないのは、宝の持ち腐れだ。
 予算がないっていうかもしれないが、無理してでも耐震
工事その他、必要な工事をして、たとえばホテルに変える
とかしたら、あっという間に観光資源として再登場できる。

 同潤会上野下アパートメントとか、どうして壊すのだろう。
 建築遺産という考え方ができない、建てては壊しのビンボー人
根性から離れられない、鎌倉時代から続く土地本位制から抜け
られない。だめな国ねえ。
 そのくせ、国立西洋美術館が"世界文化遺産"指定された直後の
上野駅付近の、田舎じみた喜び様といったら...。

 旧下谷小学校・付近を歩くと、銀座線の車庫(上野検車区)が
あった。これもすてきな観光資源。

 この近くの工場跡に作られたROUTE BOOKSで休む。
 窓から、向かいの工房(ゆくい堂)が見える。手前は一、二階
吹抜けの作業場、二階奥はたぶんオフィスだろうが、階段の手すり
や二階の窓枠など、うつくしい。ビル自体も4階建てくらいだが、
上階がセットバックしていて、きれい。

 新刊書店兼キャフェのROUTE BOOKSは、最初は、向かい側の
ビルの4階にあったようだが、いまは、ゆくい堂の反対側の1F。
コンクリートの壁、鉄枠で縁取られた大きなガラス窓、ラフな
床の空間に、植物(サボテン類)やお皿とともに本が並ぶ。
 5月16日以来だが、工場跡らしいラフさを残した造りなのに、
そんなに寒くない。"まだ"大丈夫、ということかもしれないが、
見かけより密度が高いのかもしれない。真冬に行ってみよう。

 笠井潔×押井守『創造元年1968』(作品社)を買って戻る。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-11-25 21:24 | 雑録 | Comments(2)
2017年 11月 24日

(3)宇野浩二『芥川龍之介 (上)』もう少し

e0030187_9115521.jpg













~11月22日より続く

<私が芥川とつきあった短い間(あいだ)の、私が、見、聞き、
 知った、芥川について、その思い出を、主として、書きたい>
(p5)と宇野浩二は言う。
 ひとつのできごとでも、違うひとが見聞きして記述するなら、
異なる見方、違った書き方になるだろう。

 宇野浩二によれば、芥川は宇野浩二~高田保・経由で浅草
オペラ、金竜館の楽屋に行ったが、

<芥川が私に「金竜館につれて行ってくれないか、」といった
 のはこの時の一度だけであって、その後(のち)、芥川は金竜館
 に行った事はまったくないらしい。>(p153)と記述される。

 夏堀正元『風来の人 小説・高田保』(文春文庫)によれば、
宇野浩二と芥川龍之介たちが楽屋を訪れ、高田保と、浅草が
保護区だという話をする(あくまでも『小説・高田保』)。

< その日はそうした話をして別れたが、宇野はそれっきり
 あまり姿をみせず、芥川はどうやらペラゴロ候補生ぐらい
 にはなったらしく、ときどき着流しでふらりと金竜館に
 現れて、高田と雑談していった。>(p31)という一行がある。

 芥川はこの後、『小説・高田保』には直接、出てこないが、
数回は金竜館を訪れていた、と考えてよいのではないかしら? 
 小説を盛り上げるために、芥川の訪問回数を増やす必要は
ないので、そう考えるのだが。


 宇野浩二『芥川龍之介 (上)』に戻ると、宇野浩二が芥川に
連れられて、浅草の「春日(かすが)」という待合に行った話が
書かれている。待合「春日」の女将が後に春日派の小唄の師匠
として有名になったという箇所を読んだとき、"春日とよ"と、
名前が響いた(この本では名指されていないが)。
 口絵に白人とのハーフの小唄の師匠・写真が載る本を五反田・
古書展で見つけて、店に置いていたが、売れなかった。売れる
気配もなかったな。

<その『春日』の奥座敷の辺から、おもわず耳を立てる
ような、うつくしい、すきとおった、声で、語る常磐津
(ときわず)が、聞こえた。私が、おもわず、「実にうまいね、
実によくとおる声だね、こんな常磐津、僕は、聞いたことが
ない、」というと、芥川は、頬に例のニヤリとする笑いを
うかべながら、「ここのお上(かみ)だよ、あの声は、日本人
の喉(のど)からは出ないよ、あれは、間子(あいのこ)の喉だよ、
つまり、西洋人の喉だよ、」と、いった。>(p146)


     (宇野浩二『芥川龍之介 (上)』 中公文庫 1975初 J)

11月26日に続く~





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-11-24 21:22 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 11月 23日

人形町(2017/11/21)+南阿佐ヶ谷~荻窪(11/23)

e0030187_11263791.jpg












e0030187_1126559.jpg













 写真は、人形町で。

 21日(火)は小伝馬町から人形町にかけて歩いた。
いつものコース、東海で和菓子を買って、サンド
ウィッチパーラーまつむら
で休む。

 東海では事件あり。和菓子職人である無口なご主人と、
ついに会話できた!
 お店の方にいても客が入ってくると、すっと奥の作業場に
姿を消し、接客はもっぱら女主人に任せる、あのご主人が、
ちょうど女主人が不在(すぐに戻って来られたが)だった
ので、何にしますかと、初めて口をきかれた。
 ご主人喋った、ではなく、ご主人喋った、である。
ほとんど、ガルボ笑った、って域。

 今日は休日なので、近隣。地下鉄で南阿佐ヶ谷、そこから
荻窪に向けて歩く。
 やっぱり、ささまに寄って、店頭でヘミングウェイ『移動
祝祭日』(岩波 同時代ライブラリー)、店内で芥川龍之介
『羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇』(文春文庫)と、
伊東豊雄・中沢新一『建築の大転換 増補版』(ちくま文庫)。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-11-23 20:09 | 雑録 | Comments(2)
2017年 11月 22日

(2)宇野浩二『芥川龍之介 (上)』まだ半分ほど

e0030187_183909.jpg













~11月21日より続く

 芥川とのつき合いの話の間に、宇野浩二が芥川の作品に抱く
違和感が語られる。ひとしきり語った後、”閑話休題”と入って、
また思い出話に戻るのだが、日本の”自然主義”的感受性って、
なんて不自然に硬直してるのだろう。

 小説にちょっとでもレトリカルな表現や技巧的なものを
見ると、すぐにそれは”作り物”であり、(宇野浩二の表現を
使えば)”マヤカシ”だと批判される。日常生活に於ける感受性
の延長以外の感じ方や記述は、自然主義的にはカッコつけに
過ぎず本質的ではない、従ってそれは文学ではない、という
のだろうか。

 ここで意外だったのが、(読んだことのない)宮本顕治
の感じ方だった。『敗北の文学(芥川龍之介氏の文学に
ついて)』という批評(?)中に在るそうだが、芥川『往生
絵巻』(これも読んでない)のエンディング、主人公・五位の
入道が死んで、死骸の口の中に、真っ白な蓮華の花が開いて
いる、という終わり方について、

<「この『往生絵巻』はユウモラスな形式の下(もと)に、
 笑ひ切れない求道者の姿を書いてゐる。正宗白鳥氏は、
 この作品の結末のまつ白な蓮華の咲く非現実的な描写
 を捉へて、芥川氏がリアルに徹することの出来なかつた
 人だといふことの例証としてゐる。勿論、我々は別の
 意味で氏が現実を深く認識しなかつたことを批判する。
 けれどもかうした偏狭な自然主義的批判は、永久に、
 作品の本質を理解し得るものではない。作者は『五位
 の入道』を愛してゐる。憐愍を越えて、まじめに愛して
 ゐるのだ。蓮華の花を咲かす事は氏の『あそび』では
 ない。枯木の梢に死んだ求道者に、心から詩的な頌辞を
 最後に手向けてゐるのである」>(p97-98)

__よく分かってるじゃん!と、思わず膝を打ちそうになるが、
これに対しても宇野浩二は、

<一面に、芥川の文学を否定しながら、他面ではかくのごとく、
 芥川の文学を、よかれあしかれ、ふかく理解し、(いくらか
 まやかされているところがあるが、)>(p98)

__と、幻惑されているからだと感じる。自然主義って不自由な
ものだ。プロレタリア文学は役に立つことを願うかもしれないが、
それでも"文学"を感受する。
 ”自然主義”と呼ばれる宇野浩二たち・小説家たちの言語認識と、
フィクションへの認識が、やっぱりどうも分からない。”写実”する
には、種々様々な手法・技術が必要なのに。

 日本の近代に至って生まれた自然主義文学では、何が書かれて
いるか、という問題認識が、いちばん重要なのだろうか。どんな
風に書かれているか、ではなくて。

 自然主義文学の影響は、(文学者以外の?)大衆の感受性に
ずっと残っているように思われる。バレエのK・K夫人がエッセイ
教室に通っていた頃、パリ時代のできごとを書いたら、
 「知らない話を聞かされても分からない」と、生徒間で拒否
されたそうだ。
 誰でも知っているような日常的な、或いはTVネタの話題を、
分かりやすい言葉で書くことしか望まれていないのだったら、
言葉を/で綴ることがそんな狭い範囲にしか用いられないの
なら、直接的には何の役にも立たない憧れや思考を語ろうと
する言葉は、どこに行き場を見いだせばよいのだろう。

 
     (宇野浩二『芥川龍之介 (上)』 中公文庫 1975初 J)

11月24日に続く~





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-11-22 20:22 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 11月 21日

(1)宇野浩二『芥川龍之介 (上)』、なかなか進まない

e0030187_23221124.jpg













 宇野浩二の、のたくる文体は好きだけれど、話の進まなさの
すごいこと。

 まえがきの、
< 芥川龍之介__と、こういう、ものものしい、題をつけたが、
 この文章は、芥川龍之介のことを、思い出すままに、述べる
 つもりで、書くのであるから、これまでに私が芥川について
 書いた文章と重複するところがかなりある、(いや、重複する
 ところばかり、)というようなものになるにちがいない。
 [略]
  それから、この文章は、もとより、評伝でも評論でもなく、
 私が芥川とつきあった短い間(あいだ)の、私が、見、聞き、
 知った、芥川について、その思い出を、主として、書きたい
 と思っているのであり、そうして、その思い出も、わざとノオト
 などをとらないで、おもいだすままに、あれ、これ、と書きつづる、
 というような方法をとりたい、と思うので、思い出すままに述べる
 事柄の年月(としつき)があとさきになったり、それぞれの話が
 とりとめのないものになったり、するにちがいない。>(p5-6)

__まったく、この通りである。だから話は、なかなか進行しない。

 しかし、書き写してみて驚いた。こんなに読み点ばっかりとは。
 横書きならば、読み点を多めに使う方がテニオハが読みやすく
なる利点があるが、縦書きでの多用は...、そうか、もしかしたら、
宇野浩二の、うねり、のたくる長い一文を、混乱させないための
工夫なのだろうか?


     (宇野浩二『芥川龍之介 (上)』 中公文庫 1975初 J)

11月22日に続く~





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-11-21 21:56 | 読書ノート | Comments(0)