人気ブログランキング |

猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2019年 03月 31日

月末は忙しい/ITに使われる

e0030187_21404470.jpg













 理想のヒト(?)が『スタートレック』のスポック氏であるように、
わたしは合理的、論理的な説明にヨワい。あんまりやりたくないな、
と思うことであっても、反証できなければ、指示を実行する。

 わりと新式のアパートなので、浴室から、
 「お風呂が湧きました」と、声で知らされるし、月末には指示が
出る。リモコン画面"フィルターリセット 3秒押し"の下の、"お手入れ"
が赤く灯るのだ。月末から月初めは、少なくとも三カ所のフィルターの
掃除期間だ。だいたい一週間のうちに終われば、それでいいことに
している。

 浴室・天井のフィルターを外して洗い、乾かす。月に一度の天井
から壁面、排水口までの浴室掃除である。ふだんは浴槽、壁面の下
の方、入口扉、排水口の掃除だけ。天井部分と壁の上半分強は省いて
いる。

 いつも気が重いのが台所の換気扇だ。整流板を外し、換気扇の金属
フィルターを外して洗う、乾かす。
 いろいろ洗剤を変えてみるが、完璧に油っけを取り除くことができない。

 白い不織布フィルターで覆うと、換気扇の機能が弱まり、結局、油分が
外に出る、つまり、壁などが油っぽくなると、入居時に聞き、合理性に
ヨワい質としては聞き捨てるわけにいかず、月に一度の換気扇掃除になる。

 それに台所のガス台も、壁も、ガス台や流しの上下の戸棚と、その縁も
月一お掃除の対象だ。流しは毎晩洗うが。

 もう一カ所、これは簡単。ウォシュレット自体に付いているフィルター
を取り出し、さっと水洗いして、また入れる。
 天井の換気扇フィルターを、まだやっていない。椅子に乗らないと手が
届かないのだ。小さなフィルターなので、これは気が楽。台所がすんで
安心してしまったから、こっちを忘れないようにしなきゃ。

 近ごろはこれに、各排水口の洗浄が加わった。「まぜるな危険」と書いて
ある液体や固体を三カ所の排水口に注ぎ、あるいは投げ入れ、洗濯槽も月一、
洗う。

 これらの、ちまちました情熱を料理に注げないものかと思うが、ヒトは、
いや、わたしの場合は、掃除好きか料理好き、どちらかの生を生きるので
ある。両立はしない。
 主婦はえらい、と思う。料理に掃除、家計簿をつけてお金を管理し、外に
仕事に出て、子どもも育てる、超人である。




サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

by byogakudo | 2019-03-31 22:13 | 雑録 | Comments(0)
2019年 03月 30日

(7)加藤周一/小森陽一・成田龍一 編『言葉と戦車を見すえて』読了

e0030187_19425113.jpg












~3月1日より続く


 忘れていたわけではない中断していただけの加藤周一/小森陽一・
成田龍一 編『言葉と戦車を見すえて』を読み終える。

 どこを引用しよう? 『6 危機の言語学的解決について』(1981年)
から__

< 思えば私は少年の頃から「危機」の時代を生きてきた。まず「満州
 生命線」の危機があり、その次には「ABCD包囲網」の危機が続いた。
 「坐して滅びるよりは」始めようといって始めたいくさが、危機で
 あったことは、いうまでもない。「危機」または「非常時」。敗戦が
 危機でも非常時でもなかったのは不思議だが、その後ただちに危機が
 復活した。>(p296)と、書き出される。ほとんど全文引用になる...。

 『誰が唱え誰が説く』という小見出しで__
<「危機」を唱えることによって生じる損得が、経済的にも、政治的にも、
 一様に配分されているのではなさそうだ、ということには、注目せざる
 をえない。>(p297)

 次の『敗戦を休戦とよび』で__
<とにかく「危機」がのべつまくなしに続いているとして、[略]
 数ある対策のなかで、殊に日本社会が好んでとってきたのは、[略]
 言語学的対策である。[略]
 日本における危機の言語学的解決法の洗練は、「敗戦」を「終戦」と
 よび、「占領軍」を「進駐軍」とよんだときから始まっていた。「終戦」
 という言葉は、いくさの勝ち敗けを明示しない。敗けいくさは危機だが、
 いくさの終わりは平和の希望であろう。「占領軍」は、日本の法律と
 天皇の権威に超越しておそろしいが、もしそれが「進駐軍」ならば、
 日本国と天皇制の安全をまもってくれる有り難い存在である。
  「主権侵害・見殺し・ウヤムヤ主義」は国の権威の失墜だろうが、
 「政治的解決」といえば威風堂々たるものだ。「アメリカ追随」、__
 これを称して、ときには「日米対等」、ときには「等距離外交」、とき
 には「国際的責任を果たす」という。「アメリカ追随外交」は、__中国
 承認でさえも米中接近の後であって前ではなかった__、日本国の独立の
 危機でないこともない。しかし、「国際的責任を果たす」のは危機どころか
 独立の精神の顕現である。>(p298)

 これらはシンプルな言い換えだが、もっと手のこんだ言語学的解決法が
ある。

<太平洋戦争の結果として、アメリカはまず日本の非軍国主義化を望み、
 その次に冷戦の結論の一つとして、日本の再軍備を望んだ。そこでアメ
 リカが日本に「押しつけた」のは、第一に、軍備を禁じる憲法であり、
 第二に、小規模の軍備すなわち自衛隊である(警察予備隊→自衛隊→
 その増強)。
 この「押しつけ」第一と「押しつけ」第二とのつじつまは合わないから、
 そこに制度上の危機が生じた、といえるだろう。>

 解決策1は、従来の解釈学的方法だ。
<「小規模の軍備は軍備でない」(憲法でいう「戦力」ではない)>
あるいは、
<「自衛のための軍備は軍備ではない」>

<「小規模」とは相手次第で変わる相対的な概念である。「自衛のため」
 といわない軍備は、どこにもなさそう>(p299)
だが、まるきり嘘ではない、<白馬は馬に非ず>(p300)論である。

 そして、解決策2、『宣長以来「言(コト)は事(コト)』__
<憲法改訂、第九条修正主義の議論である。この方は、専ら「押しつけ」
 に注目し、「押しつけ」第二を採って、「押しつけ」第一を捨てる。[略]
 アメリカが押しつけたのはイヤだから(憲法)、アメリカが押しつけるものを
 歓迎する(軍備増強)、というのである。ただしアメリカは、日本国の自前の
 核武装を「押しつけ」ない。それどころか、強くそれに反対するだろうから、
 この議論の「軍備増強」には核武装を除く。>(p300)

 長い長い自己欺瞞の歴史のツケを一気に払うことはできなくても、いつ、
どこで、どんな風にインチキを重ねて来たかを、少しずつでも解きほぐす
作業を始めることは、いつだってできる。


     (加藤周一/小森陽一・成田龍一 編『言葉と戦車を見すえて 
      加藤周一が考えつづけてきたこと』ちくま学芸文庫 2009再 帯 J)

(1)加藤周一/小森陽一・成田龍一 編『言葉と戦車を見すえて』
(2)加藤周一/小森陽一・成田龍一 編『言葉と戦車を見すえて』
(3)加藤周一/小森陽一・成田龍一 編『言葉と戦車を見すえて』
(4)加藤周一/小森陽一・成田龍一 編『言葉と戦車を見すえて』
(5)加藤周一/小森陽一・成田龍一 編『言葉と戦車を見すえて』
(6)加藤周一/小森陽一・成田龍一 編『言葉と戦車を見すえて』
(7)加藤周一/小森陽一・成田龍一 編『言葉と戦車を見すえて』





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

by byogakudo | 2019-03-30 21:23 | 読書ノート | Comments(0)
2019年 03月 29日

神保町で待ち合わせる

e0030187_20331930.jpg













 処方された三つの点眼薬のひとつ、抗生剤がどうも合わない
(瞼が赤く腫れて、一部がシコリっぽくなる)ので、別の点眼薬
の処方を求めて、ふたたび御茶ノ水へ。

 今日は義母の携帯電話を借りているので、Sとも連絡がつけ
やすい。公衆電話だと、当り前だが、こちらからしか、かけられ
ない。
 むかしの探偵小説や映画では、身代金の請求のとき、どこそこの
角にある公衆電話にかけるから、そこに何時に来い、とか犯人から
指示があって、行くと長電話してるひとがいたりして、それはそれで、
サスペンス・シーンができるのだった。

 電話コーナーからSにかけると地下鉄内だ。かなり待ちそうと、伝える。
待合室に戻って名前が呼ばれるのを待っていると、電話のベル。急いで
電話コーナーへ。Sも神保町に着いて、撮っている。

 思っていたより早く呼ばれて診察が終り、Sに連絡。ニコライ堂の坂道を
駿河台方向へ下った辺りのタリーズで待ち合わせることになる。
 薬局に寄って、新しい点眼薬の使い方を聞いてからタリーズへ向かう。

 む、美土代町交差点?! 行き過ぎてる。駿河台交差点に戻り、Sに電話
して、どこのタリーズかを確認する。南洋堂の先、トヨタレンタカーの先の
タリーズだという。
 そうか、むかし、神保町の古書会館の帰りに寄っていた、大きなヒマラヤ
杉のあるタリーズなのだ。

 Sと無事、落ち合えて、行き過ぎてしまった話など、おくびにも出さず、
喫茶する。Sは近くの竹尾 見本帖本店で紙をチェックしたり、界隈を撮っ
たりしていたそうだ。

 ひと休みしてから、見本帖本店に行き、紙を買う。
 真っ白な店内。白い卓が数列並び、紙の見本が見られる。白い壁・
三面(?二面かも?)が番号のついた引出しになっていて、そこから
欲しい紙を出してもらう。モルグみたいですてきな造りだ。照明が
コントロールされているので、白内障手術明けでも薄いサングラス
で大丈夫。
 すずらん通りで額縁を見たり、わたしのRHODIA手帖を買ったりして、
スマトラカレー共栄堂で夕飯。
 10年くらい、神保町に来てないと思う。大通りの方は、とくに空気が
変わったように感じる。落着きがなくなったような。

 神保町の地下鉄駅も工事中で、Sはこのところ二回、続けて三田線に
飛び乗ってしまい、春日から戻ってきたが、三度目の今回、三田線の
プラットフォーム途中のエスカレータに気がつき、新宿線に乗れた。
 以前と構内の感じが違うので、エスカレータに目が行きにくいのだ。

 帰ってきて新しい目薬をさしてみる。これはどうやら合ってるみたい?




サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

by byogakudo | 2019-03-29 21:40 | 雑録 | Comments(0)
2019年 03月 28日

海野弘『東京風景史の人々』読了

e0030187_13295632.jpg













 海野弘というと、わたしの中では、ある時代やできごとをファッ
ショナブルな手つきで記す、エッセイスト・評論家である。この
場合の"ファッショナブル"は褒め言葉ではなくて、表面的、という
ほどのニュアンスだ。1980年頃から名前は知っていたが、まとま
った一冊を読むのは、たぶん初めて。

 予断は、最終的に当たっていたが、ところどころ、そうだった
のかと、紙片を挟んで、いつか読もうと思う本が出てきたり、この
絵描きはどんな絵を描いているのか知りたいと思う個所もあった
ので、まあ、いいか。

 明治以後の東京が、画家たちによってどう描かれてきたか、都市
は、いかにその変貌を意識されてきたかが、考察される。
 画家が描いた町/街の様子からの考察とともに、作家の小説作品
に記述された都市・東京、絵描きたちの記した都市への言及も引用
される。

 『I 東京風景史の人々』の『鏑木清方』では、樋口一葉『にごりえ』
が路地小説であると知らされる。
 樋口一葉は引っかかりがなくてスルーしてきた小説家だが、海野弘は
『にごりえ』の詳細な路地描写を引用した後、

<文明開化期に、脚光を浴びたメイン・ストリートや名所ではなく、
 それまで表現の価値を認められていなかった路地が描写され、
 新たな都市風景として発見されるのである。>(p31)
と記す。
 それなら、読めそうだ。

 『I 東京風景史の人々』の『木村荘八』では、もちろん『濹東綺譚』。

< 人物や事件の筋よりも、特に背景が気になる、という荷風の気性
 は都市的である。しかも彼は、新しい都市を憎みつつも、古い街が
 すっかり新しい街にとって代られてしまった、という風景を見ようと
 する。都市は壊滅と終末の相としてとらえられるのである。地下的
 な都市観察者である荷風は、愛する街が、現代都市によって無惨に
 犯されてゆくのをマゾヒスティックな快感のうちに見入っているので
 ある。>(pp47-48)

 『III 一九二〇、三〇年代』の『洋画の一九二〇、三〇年代』は、
日本の近代美術史は時間軸__元号(明治・大正・昭和)__で
三つに区切られ、洋画と日本画という空間軸で二つに分けられて
きたが、こんなドメスティック分類ではなく、1920年代、30年代
と、欧米の絵画史と通底する分け方で考えてゆけないか、という
試案である。
 目のつけ所がいい。でもそれ以上、考察が進まない、深まらない
のが海野弘的、なのか?

 石版画家・織田一麿(かずま)(『I 東京風景史の人々』)を初めて
知ったし、『II 一九一〇年代の画家』の『カンディンスキーと山田
耕筰』では斎藤桂三に、ちょっと触れていて、そこで途切れる。

 『文庫版のためのあとがき』に、自ら、
< 私の本は、これについてはまたいずれ、とか、あらためて書く
 つもりだ、といった予告が多くて、それきりだ、といわれたことが
 ある。>(p337)
 どうも、後を頼む、という姿勢であるようだ。

 単行本『東京風景史の人々』は、1988年、中央公論社刊。20年後
の2008年に中公文庫化。
 

     (海野弘『東京風景史の人々』 中公文庫 2008初 帯 J)





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

by byogakudo | 2019-03-28 15:44 | 読書ノート | Comments(0)
2019年 03月 27日

お花見に行って鳥を見る

e0030187_19291921.jpg












e0030187_19293445.jpg













 春になると、義母の桜愛が眠りから覚める。今年も善福寺川緑地へ
三人で行く。

 予想より控えめな咲き方だが、両岸に人々が集う。五日市街道を
横切る橋から、ひとつ上流の橋の手前まで、ゆっくりと歩いていたら、
サギがいる。
 近ごろ見かけなかったが、いたんだ、久しぶり!

 サギを見ていたら、対岸に、輝く青い羽根の小さな鳥が羽ばたく。
カワセミじゃないか! カワセミって、たとえば和田堀公園の中の島
みたいな、森や林に近いような閑静な(?)界隈で、カメラの大筒隊
に囲まれているものではないのか?
 いいのか、水は流れているが、こんなカジュアルな場所に現れて?

 しかもこちらの岸に飛んできて、サギに接近する。サギとカワセミの
距離が面白い。互いに相手を意識し合っているが、サイズが違う鳥同士
が近づいたときに、相手をどう思っているのだろう?

 サギの近くで丸く水が盛り上がる。なにか、水鳥がいる。黒いカワウだ。
黒い鳥は、白と青の鳥に関係なく、エサ探しに余念がない。何度となく
サギの近くで潜水しては、また顔を出す。
 両岸には桜だけでなく欅やその他、大樹が多い。間に、小さな流れでは
あるが川が流れる。鳥も棲んでいられるのだ。

 帰り際に振り向くと、尾っぽの長い、セキレイだ! 傍にはカモが
ひっそりと休んでいる。豊かな川だ。

 義母を誘いに行ったとき、部屋を出てすぐ、今年もウグイスの声を
聴いた。まだ若く、「ホーケキョ」と一声だけ。



サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

by byogakudo | 2019-03-27 20:19 | 雑録 | Comments(0)
2019年 03月 26日

四谷シモン『人形作家』読了

e0030187_20592749.jpg













 乱視気味が続くけれど、web上の文字を読んでいて、一行の中で、
2、3の文字がボールドになって見えたり、などということがなく
なった。乱視であっても、色ムラがなくなったのだ。退院後2、3日、
すぐ疲れて目を閉じていたけれど、そうしなくても過ごせるように
なった。

 四谷シモン『人形作家』は、手術前夜に読み始め、右目の手術が
終わった午後、左目では文字が読めるものだから、うっかり読み進んで
しまい、読み終わってから、手術した右目が、眼帯の下で見開きっぱなし
だったことに気がついた、馬鹿で無茶な患者である。
 片目をつむりながら本を読むことはあり得ない、ことに気がつくのが
遅すぎて、術後1週間、右目の充血が取れなかったが、それでも回復途上
にある。おそろしい悪運の強さだ。

 2002年終りころ出た四谷シモンの自伝『人形作家』は、『1章__人生
が始まっちゃった』から始まる。

 ものごころついたときに、家庭は崩壊していた。親からは、ほっぽり
出され、他人からは足蹴にされる。いまでいえば児童虐待の被害者として
育つ。
 でも彼には人形作りがあった。中学生のころから人形作家たちのアトリエ
を訪れ、見せてもらうような子どもだった。形代である人形を作ることが、
彼を支えたのだろう。
 子ども時代を語る言葉は、あまりに辛いできごとばかりで、読んでいても
辛くなる。書くことは思い出すことであり、その時間をもう一度生きること
だから、書き手は、どんなに辛かったか。

 グレながら成長し、『3章__新宿に漕ぎ出す』、『4章__女形・四谷
シモン誕生』である。ここらから、よく知られた四谷シモン伝になるが、
女形もまた、形代、分身だ。
 状況劇場時代前後、澁澤龍彦や瀧口修造たち、と接触する。ひとりと
知り合うことによって、もうひとりと知り合い、さらにと、波紋のように
広がる。

< 僕はここで澁澤龍彦さん、瀧口修造さん、檀一雄さんをはじめ、たくさん
 の人たちと知り合いになりました。そんなある日、稽古場に遊びに来ていた
 瀧口さんからこっそり「志問糸文」という七枚もの原稿をいただいたことが
 あります。そのなかで瀧口さんはベルメールのことにふれ、僕にもものを作る
 方向に行って欲しいということが書いてありました。これをいただいたとき、
 澁澤さんが、「ふつうだったら瀧口さんは逆立ちしたって、書いてくれないよ」
 と言っていたことを思い出します。>
(p106『5章__ただごとじゃつまらない』)

 現実の父親とは疎遠だったし、家庭には恵まれずに育ってきたが、やっと、
父に当たるべき瀧口修造、父に替わって庇護してくれる長兄的存在、澁澤龍彦
に出会えた。

 そうして、『6章__人形作家としてデビュー』。
<僕は人形の素材に紙を使っています。それは紙の質感が皮膚の感触に
 似ているからです。そして絵の具で紙に色をつけたり、上からニスを
 塗ったりして、より人肌に近いものにしていきます。
  [略]
  死んだ人間も人形に近いなと思います。僕にとっていい人形とは、
 「このお人形さん、まるで生きているみたい」と言われるような人形
 ではなく、息がとまって死んでいる人間に近い、凍てついた人体表現
 です。そして人形は動かずにずっと佇んでいるのがいいと思っています。>
(pp127-128)

 『5章__ただごとじゃつまらない』でも、
<人形を作る時に僕がめざしているのは、「ひんやりとした表現」です。>
(p110)と述べる。

 『8章__答えはない』は、死の影が射す。
 ニトログリセリンを持ち歩き、
<杖をつきながらナジャに来ては、合田佐和子たちと明け方まで
 おつきあいされていた>(p162)瀧口修造が、1979年に死去。

 1987年、澁澤龍彦の死に出会い、四谷シモンの人形を作る手が止る。
<極端にいえば、僕は澁澤さんにさえ認めてもらえたらいいと思って
 いました。また、澁澤さんに一筆もらったら天下をとったも同じだ、
 僕には澁澤さんがついているという思いでずっといました。>
(p183『8章__答えはない』)

 死が澁澤龍彦を連れ去り、地上に取り残された人間は、なぜだと、
答を求めて考え続ける。そして、

< 答えはない。だから問いただすことそのものに意味はないかも
 しれないが、それでも問いつづけていくしかない生き物が人間
 なのだろうという答えにたどり着いたのです。そしてまた、もし
 僕にとってこの問題に対する仮の答があるとするならば、それは
 作るということだ、もし僕に哲学的・宗教的なものがあるとしたら、
 それは人形を作ることでしかあらわせない、これが自分で自然に
 導き出した答でした。>
(p188『8章__答えはない』)

 気持が素直に吐露された、いい本だった。

 この要約の流れからはみ出てしまうが、四谷シモンの小林薫・評も
引用したい。

< 「風の又三郎」という芝居で小林薫を見たときには「おもしろい
 役者だな」と思いました。[略]
 小林薫はものすごくおかしいお笑いができる役者でした。ある芝居で
 「薔薇族」を山のように背負ってパンツ一丁で出てきたときは、その
 バカバカしいほどのおかしさに、薫独自のセンスを感じました。>
(p176『8章__答えはない』)

 "「薔薇族」を山のように背負ってパンツ一丁で"という個所が、
『オルフェの遺言』の、背中にガラスを背負った男の、批評的・翻案
みたように思えてしかたないのだが。


     (四谷シモン『人形作家』 講談社現代新書 2004再 帯 J)





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

by byogakudo | 2019-03-26 15:52 | 読書ノート | Comments(0)
2019年 03月 25日

先達はあらまほしい/点眼術

e0030187_197388.jpg













 手術後1週間あまり経って、そういえば直後に感じていた目玉の
突っ張り感(傷跡が引っ張られるような感じ)もなくなり、今は
もっぱら乱視気味であることに意識が行く。視界が明るくなった
ので、眩しさもよく感じる。
 傷が治りにくい質なのに、手術後の傷跡感は、まったく感じない。
順調なのかなあ?

 で、今日は診察日。Sと一緒に行ってみたらば、待合室には大勢の
患者が、大げさにいえばサーディンの缶詰状態である。どのくらい
待つのかわからないので、ひとりで界隈の散歩に行ってもらって、
今日の写真。
 文化学院は、あの洞穴のような入口を、新建材で再建したらしい。

 検眼、診察。順調、といわれる。乱視もそのうち落着く、と。
 3種類の目薬を一日4回、忘れずにさしているのが効いているの
だろう。しかし、3種のうちの1本が、プラスティック壜が固くて、
うまくさせず__わたしは二階から目薬の真反対の方だが、この壜
の固さには手こずって、目玉以外のところへ液を飛ばす__、使用量
が多いので、これだけ処方してもらった。

 モバイルを持っているのはSなので、薬局に行く前に、公衆電話から
かけてみるが、つながらない。薬局へ行った。

 そこで、先達はあらまほしい事例。
 壜が固い場合は、壜の胴体部分を押すのではなく、壜を逆さまにして、
壜底をたたくと、力を入れなくても、液は自動的に目玉に落下する、と
教えてもらう。
 さらにそのとき、下瞼を指で引っ張って目を開けるのではなく、片手で
拳骨を作って下瞼に当てると、引っ張られる面積が増える。
 壜底をたたく、もう片手を、拳骨にくっつけて点眼すると、左右ほぼ
同位置、同面積/同量に点眼できるのだ、と。
 いわれてみれば、まったく、納得。さっき、早速やってみて、うまく
いった。

 薬局のあと、また公衆電話からかけると、Sはちょうど神保町で地下鉄に
乗るところだった。
 地下鉄乗り継ぎと、JR+バスという、別々の帰り方だったが、Sが戻った
直後に、わたしも帰宅。





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

by byogakudo | 2019-03-25 20:17 | 雑録 | Comments(2)
2019年 03月 24日

新宿区原町辺り

e0030187_1973418.jpg













 日曜日だ。晴れている(風は冷たい)。桜が咲き出している。
ひとがいなさそうなのは、どこだろう?
 Sの出した答えが大江戸線・若松河田、下車。

 丸ノ内線は混んでいたが、大江戸線は空いている。若松河田の
前の通りは、何て呼ばれるのだろう。見わたしても、おそば屋さん、
なし。ドトールで安直・昼食。入口近い席なので、サングラスなし
では坐っていられない。
 地下鉄や室内用の薄い色と、外歩き用の濃いめと、2種類のサン
グラスで紫外線防禦する__余談だが、わたしのパソコンで"しがい
せん"と打って漢字変換すると、まず"市街戦"が出てくる。"さつじ"
まで打つと、"殺人事件"になる。後者は、店をやっていた頃、さんざ、
"なんとか殺人事件"と打ち込んでいた余波だが、前者はなぜだろう?

 ドトールとタリーズの間の道を北から北東に向かえば、牛込柳町に
出るだろうという予測だ。
 あれ、内藤多仲博士記念館横に在ったはずの、猫のいる、草に覆わ
れた細道がない。もう一本隣、だったっけ? でも、猫が3匹いた。
どの猫も警戒心強く、逃げ腰である。

 大久保通りに出た。住宅地の方を歩きたいが、この辺は、袋小路
ないし、コの字型の道が多い。
 写真は、コの字を出て大久保通りにまた出てしまう辺り(新宿区
戸山1-2)で見た。大銀杏に、お稲荷さん、背後は二階建てモルタル
アパート。静かで、いい界隈だ。

 大久保通り、ふたたび。カメラの極楽堂のショーウィンドーに、
右手を挙げた白い猫の置物、目がオッドアイ(たしか、右が金色、左が
青)。
 黒い折りたたみ式日傘をさした、5、6人の男性たちとすれ違う。男も
日傘で紫外線対策しようというデモンストレーションか?
 大久保通りには"本 大石書店"という新刊書店もある。雑誌類だけで
なく、単行本、文庫本の本棚もきっちりあるのが、通りから見えた。

 かなり長い下戸塚坂を降りたり、夏目坂を上ったりして、新宿区原町
3丁目辺りへ。
 以前に撮った木造二階建て住宅、健在。建て増しされて横に伸びる造り
で、窓には枯れた蔦やサルトリイバラがからむ。
 この辺りは道幅が小ぶりで、新建材住宅が猖獗を極めてなくて、うっとり
するような、東京の住宅地である。

 1時間ほど歩いて、牛込柳町駅から戻る。





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

by byogakudo | 2019-03-24 20:36 | 雑録 | Comments(2)
2019年 03月 23日

(3)吉井勇『東京・京都・大阪 よき日古き日』読了

e0030187_2281118.jpg













~3月22日より続く

 『京都』篇の『艶女伝』から、祇園の名妓たちを歌ったものを
ふたつほど引用__

<  万龍がほのかにわらふ笑顔より京の朧ろは生れけらしな
   もの云へば春の風かと思はれて桃龍の声聞きのよろしき>
(p201)

 万龍と桃龍、どちらもヒトの世に棲む、若く美しい女性ではあるが、
万龍は、ボッティチェリの描く春の女神を思わせ、桃龍の声も春を
告げるニンフであるかのような、神話的広がりを持つ。
 思いきりコントラストの強い、華やかな比喩。しかも日本の神話より
ギリシャ神話を思い出させるような、派手さがすてきだ。
 もう、写真や映画の時代になっていることも感じさせる。

 東京・京都・大阪。都会は水の傍らに生れ、育ってゆく。どの川にも
さざ波やうねりが立ち続けるように、ひとつの話題は別の記憶に連なり、
エッセイが続いてゆく。


     (吉井勇『東京・京都・大阪 よき日古き日』
     平凡社ライブラリー 2006初 J)

(1)吉井勇『東京・京都・大阪 よき日古き日』
(2)吉井勇『東京・京都・大阪 よき日古き日』
(3)吉井勇『東京・京都・大阪 よき日古き日』





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

by byogakudo | 2019-03-23 16:02 | 読書ノート | Comments(0)
2019年 03月 22日

(2)吉井勇『東京・京都・大阪 よき日古き日』さらにもう少し

e0030187_214756100.jpg













~3月21日より続く

 まだ視力が安定しないので、疲れやすい。疲れると、すぐ
目をつむる。だから本がなかなか捗らない。読む速度も遅い。

 『東京』篇中、"パンの会"時代の友人やできごとを書いた中の、
『井上凡骨』~『フリッツ・ルムプ』~『龍普(ルムプ)回想』に
描かれる、"パンの会"の最初から参加していた若いドイツ人__
"パンの会"に集まった日本人たちも、みんな若かったが__、
フリッツ・ルムプについて抜き書きしたい。
 しかし、彼はwikiに、フリッツ・ルンプフ名で出ているので、経歴
などはそちらで、どうぞ(三カ所から、抜き書き・引用する元気が
ないという理由もあり)。

 『龍普(ルムプ)回想』に、
<木下杢太郎君がルムプをうたつた未定稿の詩「麦酒の歌」の
 中の一節>(p61)が引用されている。

<  故知らず余等の心は激してゐた。
   美に対するあこがれと、
   世に対するうらみと、
   多分さうであった、心の澱は。
   (RUMPF 何処かで酒を飲まう)予は曰つた。
   (いいです。いいです。それ可いです)
   彼は答へた。>(p60-61)

 "(いいです。いいです。それ可いです)"が、なんだか哀しくって、
いいな。

 "パンの会"といえば、"贋のパリ"を発明した、我が先達であるが、
これもまた、ろくに読んでない。
 木造モルタルの王国に棲み、見るのは贋のパリで__いいです。
いいです。それ可いです...。
 死ぬまでに、いまのパリに行くことがあったとして、わたしはそこを
"パリ"と認められるだろうか。


     (吉井勇『東京・京都・大阪 よき日古き日』
     平凡社ライブラリー 2006初 J)





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

by byogakudo | 2019-03-22 20:57 | 読書ノート | Comments(0)